ホープホース’S ダイアリー ~『絵本』から力をもらいながらの『起業ライフ』~

二児の父『とっと』が起業を決意。『楽しい起業ライフ』を毎日読み聞かせている『絵本の名言』に絡めて紹介。

アドラーのおかげで楽になった

魔法の言葉「どう判断するかは相手の課題」

専門的に勉強しているわけじゃないけど、10冊ぐらいアドラー関連の本を読んでだいぶ感化された。

中でも好きなのが「どう判断するかは相手の課題」。

自分が正しいと思ったことをしていれば、それでいいんだ、と。

あとは相手が判断することなんだ、と。

 

印象に残っているフレーズを『とっと』が勝手に解釈しているだけだから、ちゃんと勉強している人からしたら、「そうじゃないんだよ、まちがってるよ」と思われるかもしれないけど……。

(※解釈がまちがってたら、本当にごめんなさい)

魔法の言葉だと『とっと』は信じていて、これを信じるようになってから気持ちが楽になった。

『とっと』は相手のために最善のことをやろう。

それが相手に届かなくてもそれはそれ。

相手におもねったり、相手を下に見たりするのではなく、対等な関係で接するような心もちを持とう。

それで相手に嫌われるようであれば、それまでの付き合いだったということ。

 

別に『とっと』がビクビクする必要はないんだ。

『とっと』はありのままの『とっと』を出していっていい。

それをよいと思ってくれるかどうかは相手の課題なのであって、『とっと』はそこまでは介入できない。

 

そう思うと、すごく楽になった。

自分の思いもちゃんと主張できるようになった。

そして、相手に感謝できるようになった。

 

好循環に陥っているような気がする。

人に嫌われてもいいから、ありのままの自分でいつづける。

それって簡単なことのようで、難しいことなんだけど……。

一つだけ言えることは、本当にあたらしい世界をみることができるようになる、ってこと。

 

ということで、当分は『とっと』は、このスタイルでやっていこうと思う。

どんどんいいことが起こりそうな気がする。

ワクワクだ。

 

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村