ホープホース’S ダイアリー ~『絵本』から力をもらいながらの『起業ライフ』~

二児の父『とっと』が起業を決意。『楽しい起業ライフ』を毎日読み聞かせている『絵本の名言』に絡めて紹介。

無償の仕事が楽しいというのはどういことでしょう?

結局、自由にできるんだよね

知り合いから頼まれて、無償で冊子の作成をしている。

無償だからって手を抜くことはしないでおこう、ってのは、『とっと』の中で決まっていて、むしろ期待を上回る作品にしてみせよう、と思っていた。

その作品を最近作っているんだけど、結構、楽しくなってきてしまって。

これがまずい。

楽しくなってしまうと、細部にまでこだわってしまう。

こだわると没頭してしまうから、いつの間にか時間が経過してしまう。

 

結局、普通の仕事と同等かむしろそれ以上に熱中してしまっている。

どうなんだろうね?

『とっと』が思うに、無償の仕事というのは、自由度が高い。

依頼を受けてする仕事は、やっぱりお客様の要望があって、それに添って形にしていくという作業。

でも、無償だったら、相手も「やってもらっている感」があるから、こっちのイメージをどんどんつぎ込んでいっても、文句は出ない。

むしろ、「ここまでこだわってくれて」と感謝される。

 

ほんとうはお金をもらって仕事をするのがいいんだけど、たまには、こういうのもいいんだろうな、って思う。

こっちも楽しみながら仕事して、作品中でチャレンジも存分にできて、それで相手にも喜んでもらえる。

ある意味、最高の形だなって思う。

そういうことなのかなぁ?

最高の形っていうのは、ボランティアの関係性で生まれるのかな?

 

ま、そこら辺はよく分からないから、とりあえず目の前の仕事に注力するだけだ。

おもしろいから、自然と一生懸命になっちゃうんだけどね。

 

 

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ベンチャーブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村